各種検査

当院で出来る検査について

当院では、患者様により適切な検査と治療を受けていただくために、各種検査を導入しています。事前に予約が必要な検査と予約不要な検査がございます。

検体検査

検体検査とは、血液や尿といった患者様の体から取り出した検体について、そこに含まれる成分や細胞の形や数などを調べる検査です。

糖尿病(血糖・ヘモグロビンA1c・インスリン・Cペプチド)
生化学(肝臓・脂質・腎臓など)
貧血(赤血球・白血球・ヘモグロビン値・フェリチンなど)
尿検査(蛋白・糖・潜血・沈渣、尿中微量アルブミン、推定食塩摂取量など)
免疫化学(甲状腺ホルモン、肝炎ウイルスなど)

生体検査

生体検査とは、患者様の身体を直接対象として実施する検査です。

心電図・肺機能・ABI・Inbody(体成分分析)
眼底カメラ・視力検査・聴力検査
在宅検査(CGM(皮下連続グルコース測定)・24時間ホルター心電図・24時間血圧測定・簡易型睡眠時無呼吸検査)

超音波検査(エコー)

目的の部位にゼリーをつけて、臓器の形態や心臓の働きを見ることがでる画像検査です。

胎児の検査にも使用され痛みや害などはありません。(予約必要)
腹部(肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓・膀胱・大動脈)心臓・頚動脈・甲状腺

レントゲン


  • X線装置

  • DXA(デキサ)X線骨密度測定装置

レントゲン検査(エックス線検査)は、体の内部の状態を調べる検査です。

胸部・腹部等一般レントゲン撮影
DXA製HorizonX 骨量測定

全身用骨密度測定装置(DXA)
寝たきりになる原因に多い、転倒・骨折を予防しましょう。加齢で骨がもろくなり、転んだ際に折れやすくなる閉経後の女性や高齢者の男性の特有の病気に骨粗鬆症があります。背骨がつぶれたり股関節が折れる症状を予防するため、骨の密度をX線で測定・判定します。
検査費用は3割負担で1,350円、1割負担で450円となります。

※各種検査の費用については、お問い合わせください。

このページのTOPに戻る