当院について

沿革

2006年 すながわ内科クリニック開設
透析室開設(2社4機種 計8台で業務開始)
自動血圧計、自動プライミング付監視装置26台導入
2007年 医療法人貴和の会設立
特定医療法人敬愛会中頭病院による開放型病院の連携
2008年 ハワイ大学研修医地域保健医療研修開始(~現在)
2009年 開院3周年 指導室・研修棟新設・透析室拡張・改修工事
2011年 開院5周年記念「私たちは糖尿病に負けない」講演会企画実施
透析業務基盤変更(16台)Future Net Web+導入
2012年 透析室 DCS-100NX新規導入により機種の統一(1社2機種16台)
2013年 新施設新築移転へむけて院内医療連携システム構築と検査体制の充実
(クリニウェア、ORUKA、FRZ、FNW、パックス、他各医療機器、沖縄津梁ネットワーク連携構築)
2014年 開院8周年 新館完成移転、透析室50床に増床
2015年 透析室 2床増床
2016年 在宅透析開始
2018年 全床OHDF対応のため供給装置50床から70床用へ更新
多用途監視装置 DCS-100NX 21台導入
OHDF対応装置を増やす
電子カルテ変更に伴いFutureNetWeb⁺連携変更
2019年 多用途監視装置 DCS-100NX 16台導入
全台OHDF対応装置へ
院内サーバ  新ラックに移設
2020年 Future Net Web⁺ IFサーバ更新
2022年 多用途監視装置DCS-200Si×16台
個人用透析装置DBB-200Si×1台