専門外来

禁煙外来

禁煙外来

タバコをやめられないのは、意志の弱さではなく、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。
一定の要件を満たすことで、禁煙治療に健康保険等が適用されます。禁煙成功のために、禁煙外来をご活用ください。
※2~4回目はオンライン診療での禁煙外来も可能です。

禁煙治療を受けることのできる方

①直ちに(2週間以内に)することを希望されている方
②ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)で5点以上、ニコチン依存症と診断された方
③1日のタバコの喫煙本数×喫煙年数が200以上になる方

保険診療の流れ

健康保険を使った標準禁煙治療は、年1回、3ヶ月間のみ保険適用で受診することが可能で、初診から2週目・4週目・8週目・12週目の合計5回 の通院を行い、禁煙を目指します。

禁煙治療の内容

健康保険を使った標準禁煙治療では、以下のような内容の治療を受けることができます。
①ニコチン依存度の判定:問診などによってどれだけニコチンに依存しているか判定します。
②呼気一酸化炭素濃度測定:吐く息がたばこによってどのくらい汚れているか検査します。
③ニコチン依存度に合わせた処方:状況によって貼り薬や飲み薬を処方します。
④禁煙に対するアドバイス:禁煙を楽にできるためのコツをお伝えしたり、禁煙に対する想いや不安を聴取します。施設によっては専任の看護師がカウンセリングを行います。

禁煙治療の費用

3割負担の場合、禁煙外来での費用は12週間の計5回の治療で、約2万円になります。
ただし、喫煙による肺気腫の検査(胸部レントゲン検査、呼吸機能検査)などは含まれません。

次の場合は、自費となりますのでご注意ください。
・禁煙治療で保険適応の条件に当てはまらないが、同様の治療を希望される場合。
・5回の治療を越えて引き続き治療を希望される場合。
・初回の治療から1年以内に、再度初回からの禁煙治療を希望される場合。