特殊外来

セカンドオピニオン

患者さまが納得のいく治療法を選択できるよう、ご自身の診療内容や治療方針について、現在診療を受けている担当医以外の第三者的な立場の医師に「第二の意見」を求めることです。
セカンドオピニオンを受けることで、担当医の意見を別の角度からも検討することができます。
もし同じ診断や治療方針が説明された場合でも、病気に対する理解が深まることもあります。
また、別の治療法が提案された場合には選択の幅が広がることで、より納得して治療に臨むことができます。

セカンドオピニオンを受けるには

まず現在の担当医に、セカンドオピニオンを受けたいと考えていることを伝えて、必要な書類をご準備ください。
(準備するもの)
・紹介状(診療情報提供書)
・各種検査データ(血液検査、病理検査・病理診断の記録、CTやMRIなどの画像検査結果)

セカンドオピニオンの費用について

セカンドオピニオンでの相談は公的な医療保険制度が適用されない自費診療となります。
完全予約制となっておりますので、電話やメールでお問い合わせください。
尚、対象となる方は原則、患者様ご本人となります。